• ホーム
  • JPMC
  • WBCムエタイ
  • ランキング
  • 試合結果
  • スケジュール
  • グッズ
  • ブログ
  • コンタクト

試合結果試合結果

2014年11月15日(土)東京・後楽園ホール

WBCムエタイ世界スーパーライト級タイトル戦
3分5R
大和哲也
(WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王者/挑戦者)
vs サゲッダーオ・ペットパヤタイ
(タイ/王者)
×
TKO 3R 1分53秒 ※レフェリーストップ
※大和哲也が新王座に。

 昨年5月、アメリカで同じくWBCムエタイ世界タイトル戦で対戦し、王者サゲッダーオに4Rに肘でカットによりTKO負け以来、1年半ぶりの再戦。

 1R、前回の対戦の経験からは、試合開始からガードを固め、哲也に攻撃をかわし、双方あまり攻撃を出さない。

 2R、サゲッターオは首相撲で大和の攻撃を封じ込める作戦に。肘を当てようとする哲也に肘で反撃。

 3R、サゲッダーオは前蹴りから左ミドルと哲也との距離を取るが、哲也の左ボディーがサゲッダーオを捕える。蹴りから肘へと前に出たサゲッターオに対し、哲也の左肘が先にサゲッターオを捕え流血。哲也は更にサゲッターオをロープに追い詰めパンチの連打。レフェリーがドクターチェックの後、試合をストップ。哲也のTKO勝ちにより、念願のWBCムエタイ世界王者に!

撮影:鈴木雄一郎


WBC MUAYTHAI OFFICIAL SITE

http://www.wbcmuaythai.com/previous_news_select.php?id=348


ページトップ
WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座決定戦
3分5R
梅野源治
(WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーフェザー級王者)
vs ジョムピチット・チュワタナ
(タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級王者)
×
判定3-0 ※50-45、50-47、49-47
※梅野が新王座に。

 1R、試合開始から蹴りからパンチへと攻撃を仕掛ける梅野。右ストレートから右アッパー、そして左ローへの攻撃をしかける梅野に対し、ジョムピチットもパンチからローへ。

 2R、梅野は更にパンチの連打からアッパー、ローの攻撃でバランスを崩すジョムピチット。ジョムピチットもローを蹴り、左右ストレートへ。

 3R、このラウンドは両者とも首相撲からヒザを蹴り合う。ジョムピチットはコカしにくるが、梅野はパンチからヒジへの攻撃に。

 4R、パンチから左右ローと攻撃を止めない梅野。ジョムピチットは梅野の蹴り足をキャッチ、首相撲に持ち込み梅野の攻撃を封じ込めようとする。

 5R、ジョムピチットは膝からミドルの攻撃へ。梅野の蹴りをキャッチして梅野に攻めさせない。

判定3-0で梅野が日本人初のWBCムエタイ世界王者となった。

撮影:鈴木雄一郎


WBC MUAYTHAI OFFICIAL SITE

http://www.wbcmuaythai.com/previous_news_select.php?id=348


ページトップ
WBCムエタイ日本統一ライト級タイトルマッチ
3分5R
宮越慶二郎
(王者)
vs 高橋幸光
(挑戦者)
×
判定3-0 48-47、49-48、49-48
※宮越が初防衛に成功

 1R、慶二郎が距離を測りつつパンチ連打を出すと、高橋が左ミドルで攻める。後半、慶二郎が右のストレートが高橋を捕える。

 2R、ステップを使いパンチで上下打ち分け攻撃する慶二郎。左ミドルからパンチ、肘で攻撃する高橋。

 3R、引き続きパンチ主体の攻撃の慶二郎に対し、左ハイから左ミドルで攻め返す高橋。

 4R、パンチから蹴りへの攻撃と変更した高橋。慶二郎は前へ出てローを蹴り、パンチからヒジで反撃。

 5R、慶二郎が右のストレートを連打して前へ出るが、高橋が前蹴りからワンツー、左ミドルと左ローへと攻撃を繋げる。

判定は3-0で宮越の勝利。

撮影:鈴木雄一郎


ページトップ

2014年9月27日(土)東京・新宿FACE

WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者決定戦
3分5R
中嶋平八
(ISKA世界ムエタイスーパーフェザー級王者)
vs 狂平
(INNOVATIONスーパーフェザー級王者)
×
判定3-0 ※49-46、49-46、48-47
中嶋平八

 1R,2Rと体格的には小さい中嶋はパンチ、蹴りを出しながら、ステップを使い攻撃を。
 3Rに入ると、狂平が距離をつかんだか、狂平のパンチが中嶋を捕え始める。
 4R,5Rと両者ともパンチ、蹴り、首相撲と巧みにムエタイの武器を使い攻撃を。
 中嶋が4度目の挑戦で新チャンピンに

中嶋平八 中嶋平八

撮影:安村発


ページトップ

2014年9月21日(日)東京・後楽園ホール

WBCムエタイ日本ウェルター級タイトルマッチ
3分5R
健太
(NJKFウェルター級王者/挑戦者)
vs T-98
(WBCムエタイ日本ウェルター級王者)
×
判定3-0 ※49-47、49-46、49-46
健太

1R、健太のがパンチで攻撃を仕掛ける。T-98はローから首相撲への攻撃を仕掛けるが、健太はローからパンチへと攻撃を返す。
2R、両者ともにパンチからローへの攻防がスピードを増す。
3R、T-98が得意の首相撲に持ち込むが、健太も膝で対応し、離れ際に肘や蹴りを放つ。
4R、首相撲からの流れで放った健太のハイキックがT-98を捕らえぐらつき、ロープに倒れこみダウンへ。
5R、T-98は首相撲からの膝蹴りや肘で激しく攻撃をするが、試合終了。
健太が新チャンピオンに就いた。

健太 健太 健太

撮影:東田将斉


WBCムエタイ日本フェザー級王座決定戦
3分5R
笹羅 歩
(NJKFフェザー級王者)
vs TAaaaCHAN
(INNOVATIONフェザー王者)
×
判定2-0 ※49-48、48-48、49-46
※笹羅が新王座に就く。
笹羅 歩

1R、2Rと両者共ミドル、パンチからロー、首から膝とムエタイの武器をフルに使い打ち合う。
3R、4Rは笹羅のパンチでの攻撃に対し、首相撲から膝蹴り、前蹴りで応戦するTAaaaCHAN。更に前に出る笹羅。お互い激しい攻撃でスタミナの消耗戦となる。
5R、スタミナを消耗しつつ、パンチ、肘、蹴り、膝と両者とも最後まで攻撃を続ける両者。試合終了となり、結果は2-0で笹羅が新チャンピオンに就いた。

笹羅 歩 笹羅 歩

撮影:東田将斉


ページトップ

2014年7月21日(月)東京・後楽園ホール

WBCムエタイ世界スーパーライト級
スーパーファイト 64kg契約
3分5R
大和哲也
(WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王者)
vs ファイパー・シップンミー
(タイ/タイ・
ブリーラム王者)
×
TKO 3R3分
※レフェリーストップレフェリーストップ:右ローキックでダウン後

2月にインターナショナルタイトルを防衛した哲也選手。 世界戦を見据えて、前哨戦を行う。 相手は17歳ながら、戦績85戦70勝13敗2分。 アグレシッブなファイタータイプ。

ワイクルー

 1R、開始すぐからアグレッシブに左ミドル、ハイ、左右のローと蹴り中心で攻める。哲也も蹴り返すが、ファイパーの蹴りで中々中に入ることが出来ない。
 2R、更に左ミドルを出すファイパー。対する哲也はジャブからローの攻撃から更に左ボディーが入るが、ファイパーは更に蹴りで応戦。 終了間じかにはお互いハイキックを見舞う。
 3R、ファイパーが引き続き左ミドルを蹴る中、哲也はローキックの連打で応戦。徐々にファイパーの動きが遅くなったところに右アッパーをクリーンヒット。ダウンを奪う。ファイパーがカウントぎりぎりで立ち上がると、ミドルから肘への攻撃を出すが、出てくるファイパーに対し、哲也はローから左ボディーへの攻撃へ。絶えられなくなったファイパーが2度目のダウン。何とか立ち上がるも、続行不可能とレフリーが判断。哲也のTKO勝ちとなる。

撮影:鈴木雄一郎


WBCムエタイ・インターナショナル・
スーパーバンタム級タイトルマッチ
3分5R
国崇
(WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)
vs 宮元啓介
(WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王者/挑戦者)
×
判定2-1 ※50-49、48-49、49-48
※国崇が2度目の防衛

 1R、スタートから左ロー、左ミドルで前に出る宮元に対し、国崇はジャブで距離を取りながら様子見。中盤からローやボディーが当たり始める。
 2Rに入るとお互い攻撃が増し、宮元は前蹴り、三日月蹴り等蹴りのバリエーションを増やしながら攻撃を。対する国崇はパンチから蹴りで応戦。お互い首相撲でも引かない。
 3Rからは、お互いに首相撲を入れた展開となり、お互い肘を交えた攻撃に。
 4Rもムエタイの試合らしく首から肘への攻防が続くが、双方距離が出きるとボディーやローへの攻撃を止めない。
5Rも、肘やローの放ち合い。ムエタイの全ての武器を双方がフルに使用する攻防に場内は釘付けとなる。

判定は2-1と割れ、僅差で国崇が2度目の防衛を果たした。

撮影:鈴木雄一郎


WBCムエタイ日本フライ級王座決定戦
3分5R
TOMONORI
(元WBCムエタイ日本バンタム級王者)
vs ニモ
(NJKFフライ級王者)
×
TKO 4R ※ドクターストップ:鼻の負傷
※TOMONORIが新王者に

 1R、ニモがステップを使い、早いミドルやローで攻撃を開始。中盤からは前に出るニモに対し、カウンターを放つTOMONORI。
 2Rは、肘の打ちからTOMONORIは右まぶたをカットする。攻撃の数で上回るニモに対し、TOMONORIはパンチで応戦する。
 3R前半、TOMONORIはストレートからフックとパンチで攻撃すれば、ニモはヒジを連打。お互いぐらつく場面も。切れてはいないものの、ニモは鼻から流血。
 4R、3R同様、開始早々よりお互い攻撃を仕掛けるも、レフェリーが鼻血を出しているニモのドクターチェックを。鼻骨骨折の疑いから試合続行不可能となり、TOMONORIがTKO勝ち。

撮影:鈴木雄一郎


WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦
3分5R
テヨン
(NJKFスーパーライト級王者)
vs TaCa
(初代Krush-65kg級王座決定トーナメント準優勝)
×
TKO 4R
※ドクターストップ:右肘打ちによる頬のカットとパンチによる鼻血
※テヨンが新王者に

 試合開始から激しいパンチの打ち合いとなり、双方ともフラッシュダウンを奪うもダウンにはならず。2Rも激しいパンチの打ち合いとなる。
 3R、テヨンはパンチから肘を当て、TaCaの右眼下をカット。更にTaCaは鼻からも出血し、ドクターチェックの後試合は続行へ。テヨンがフックを放ち、TaCaがダウン。
4R、前に出ようとすTaCaに対し、テヨンは蹴りで距離を取る。出血が酷くなるTaCa。4R2度目のドクターチェックの後、レフェリーが試合を止め、テヨンのTKO勝ちとなる。

撮影:鈴木雄一郎


ページトップ

2014年4月27日19時(現地時間)
Solaire Resort & Casinoフィリピン、マニラ

宮越慶二郎
(日本)
vs Wei Ninghu
(中国)
×
WBC ムエタイライト級 インターナショナルチャレンジマッチ
3分3R(延長1R)

2014年4月27日19時(現地時間)Solaire Resort & Casinoフィリピン、マニラにて開催された“Kunlun Fight 4 ”にて、WBCムエタイ日本ライト級王者の宮越慶二郎選手が中国の強豪Wei Ninghui選手とWBCムエタイ・インターナショナル・チャレンジ戦にて延長ラウンドで勝利した。

試合立ち上がり、ローからパンチのコンビネーションで攻める慶二郎選手に対し、15歳からタイで既に4年間練習をしているウェイ選手は、プレッシャーをかけながら前に出て、単発の左フックやボディーなどのパンチで攻め、前蹴りで慶二郎選手との距離を取る。 2R、早いステップを使い、ローからパンチを当てる慶二郎選手に対し、引き続きパンチで前に出るウェイ選手。慶二郎選手が首に持ち込むと肘を当てる。 3Rに入っても変わらずプレッシャーをかけながら前に出るウェイ選手に対し、ステップからロー、パンチで応戦する慶二郎選手。ウェイ選手にこかされるも更に足を使いながらパンチで攻める慶二郎選手。3R終了間際にパンチで打ち合う両選手。 3R終了後の判定は、ジャッジ一人が29-28で慶二郎選手に付けたが、ジャッジ二人が29-29でドロー、1R延長へ。 延長ラウンドでは、引き続きプレッシャーをかけるウェイ選手に対し、周りながらパンチ、ローを蹴る慶二郎選手。ローとステップワークでウェイ選手を寄せ付けない慶二郎選手。ローが効いたのかウェイ選手の動きが止まる。 延長ラウンドの判定は3者とも慶二郎選手に。WBCムエタイ・インターナショナル・チャレンジ戦は慶二郎選手が勝利した。


ページトップ

2014年4月13日(日)東京・後楽園ホール

WBCムエタイインターナショナル スーパーフェザー級王者決定戦
3分5R
梅野源治
(日本)
vs ステファン・メレディ
(アイルランド)
×
判定3-0 ※50-47、50-46、50-46
※梅野が初王者に

WBCムエタイの王者決定戦らしく、両選手は試合前にワイクルーを披露。

ワイクルー

1R、双方蹴り合いによる展開へ。梅野は距離を詰めてから、肘での攻撃を開始。左肘によりメレディのまぶたの右上をカット。
2R、双方共パンチ、蹴りで攻撃を開始。メレディが首相撲に持ち込むが、梅野の肘により出血が酷くなり、ドクターチェックへ。試合は再開され、梅野が巧みな攻撃を見せる。
3R、梅野のパンチからメレディが首から膝への攻撃へ。梅野も巧みなテクニックを見せ、今度は左のまぶた上をカットする。
4R、梅野は蹴り、パンチ、肘とムエタイの8つの武器である技を巧みに使うが、メレディも前に前にとプレッシャ―をかけ、首から膝への攻撃。
最終ラウンド、メレディは攻撃を止めることなくパンチで前に出るが、梅野も応戦。
最後まで攻撃を止めない両者だったが、ムエタイの攻撃を駆使した梅野がインターナショナル王者となった。

梅野源治選手 vs ステファン・メレディ選手 梅野源治選手 vs ステファン・メレディ選手 梅野源治選手 vs ステファン・メレディ選手 梅野源治選手 vs ステファン・メレディ選手 梅野源治選手
ページトップ

2014年2月16日(日)東京・後楽園ホール

WBCインターナショナル スーパーライト級タイトルマッチ
3分5R
大和哲也
(王者)
vs 野杁正明
(WBCムエタイ日本スーパーライト級王者 / 挑戦者)
×
判定3-0 ※49-47、50-47、49-48
※大和が初防衛に成功

戦いの前に王者らしく、ゆっくりとワイクルーを披露する大和。試合が始まると会場に緊張感が走る。

大和哲也選手

1R お互いフェイントやローで距離を測ったり、相手の出方を探るような静かな展開。
2R になると、野杁の前蹴りが哲也の顔面をとらえ、更にパンチへの攻撃へと距離を縮めると、大和は肘を放つが、逆に野杁の振り下ろした肘で大和がカットされ、ドクターチェックを受ける。試合再開後、お返しとばかりの大和の肘の連打で野杁がダウン。その後も肘をうち続ける大和に対し、前蹴りで距離を話す野杁。
3R 今度は肘、前蹴りや飛び膝で大和に総攻撃をかける野杁。大和も肘、膝、ボディへのパンチで反撃。肘でのカットを狙うも、カットには至らず。
4R 大和に対し、パンチ、肘、前蹴りと更に攻撃を強める野杁。その後も大和は肘の攻撃をつづけ、中盤野杁の目の上をカット。ドクターチェックを受けるが、試合続行。
5R パンチ、肘、前蹴りからミドルから膝へと攻撃を止めない野杁。膝が大和を捕え、ロープを背負うも、パンチや肘で攻撃する大和。
試合終了のゴングが鳴ると、会場中の誰もが両選手を惜しみない拍手で称えた。
結果、ダウンをとった大和が判定により勝利し、初防衛を果たした。

大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 vs 野杁正明選手 大和哲也選手 大和哲也選手
WBCムエタイ日本ウェルター級タイトルマッチ
3分5R
T-98
(/挑戦者)
vs 大和侑也
(王者)
×
判定3-0 ※三者とも50-47
※T-98が新王者に
T-98選手

1R、侑也がローから得意の左ボディで攻めるが、T-98は首相撲から膝への攻撃に。

2R からはT-98の首相撲で侑也は苦戦し始める。

4R には前に出てくるT-98に侑也が肘を合わせ、T-98の額をカット。ドクターチェックの後試合再開。終始首相撲で侑也の攻撃を封じ込めたT-98の圧勝。

王座奪取に成功した。

T-98選手 vs 大和侑也選手 T-98選手 vs 大和侑也選手 T-98選手 vs 大和侑也選手 T-98選手 vs 大和侑也選手
ページトップ