• ホーム
  • JPMC
  • WBCムエタイ
  • ランキング
  • 試合結果
  • チャンピオン
  • グッズ
  • ブログ
  • コンタクト

試合結果試合結果

2018年02月25日(日)東京・後楽園ホール

WBCムエタイ日本フライ級王者決定戦
3分5R
タネヨシホ vs 能登龍也 ×
判定3-0 (3者とも50-47) ※タネヨシホが新王座に就く。

 1R、開始から能登が積極的にロー、パンチで前に攻める。

 2R、能登は思いっきりのパンチや蹴りで攻めるが、タネは冷静に対応しながら、蹴りをキャッチしたり、終盤には肘を当てる。

 3R、能登は引き続き、攻撃を出しながら前に攻めるも、タネにかわされる。タネの左ミドルの連打が能登を近づけない。

 4R、完全にタネはペースをつかみ、能登の攻撃を封じ込めた印象に。

 5Rもタネが試合を支配。肘や膝を当て、終盤はミドルの連打で能登には何もさせない。最後は圧倒する形で判定勝ちし新王者になった。

撮影者:鈴木雄一郎


WBCムエタイ日本ライト級タイトル戦
3分5R
小川翔 vs NAOKI ×
判定3-0 (49-46、50-47、49-47) ※小川が初防衛に成功。

 1R開始から双方パンチ、ミドルやローから肘へと距離を詰めアグレッシブに攻撃。

 2Rは小川が膝から肘を当て、NAOKIをカットし、このラウンド2度のドクターチェックを受ける。対するNAOKIもパンチで応戦。

 3R、更に右肘で攻撃する小川に対し、NAOKIも肘を合わせ、肘の応酬で小川の額をカット。

 4R、今度は小川が膝とパンチの攻撃へ。対するNAOKIもパンチを出すがなかなか小川を捕らえきれない。

 5R、後がないNAOKIはパンチと肘でラッシュをかけるが、小川もミドルやローでNAOKIを寄せ付けない。激しい攻防を制した小川が初防衛に成功した。

撮影者:鈴木雄一郎


WBCムエタイ日本スーパー・ウェルター級タイトル戦
3分5R
YETI達朗 vs 白神武央 ×
判定2-0 (49-49、49-48、49-48) ※YETIが新王座に就く。

 1R、パンチで攻めるYETIだが、白神にパンチを交わされる。2R、3Rとパンチから肘と前に出る白神に対し、ミドルで応戦するYETI。

 4R白神は左の縦肘で攻撃するが、5RはYETIがパンチから、右ミドルで攻撃。YETIが僅差の判定勝ちで新王者となった。

撮影者:鈴木雄一郎


ページトップ

2018年01月14日(日)大阪・旭区民ホール

WBCムエタイ日本スーパーライト級王座決定戦
3分5R
北野克樹 vs 畠山隼人 ×
判定3-0 (50-48/ 50-48/ 49-47) ※北野が新王座に就く。

 序盤から終始ミドルと前蹴りで距離を保ち、パンチで攻める畠山を近づけない北野。途中、楽しんでいるのか、時折微笑みを見せながらミドルを蹴る場面も。

 終盤やっと距離がつかめてきた畠山。若干疲れたのか、スローダウンする北野に対し、パンチが当たり始めるも、時遅し。

 終始蹴りで攻め続けた北野が新チャンピオンとなる。

写真提供:Keizo Takasaki


ページトップ