• ホーム
  • JPMC
  • WBCムエタイ
  • ランキング
  • 試合結果
  • スケジュール
  • グッズ
  • ブログ
  • コンタクト

試合結果試合結果

6月25日 ディファ有明

WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級タイトルマッチ
3分5R
小笠原裕典
(WBCムエタイ日本スーパーバンタム級1位/挑戦者)
vs 波賀宙也
(WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者)
×
TKO 4R 2分12秒 ※レフェリートップ
※小笠原が新王者に

1R、ジャブを出しながら右ミドルで前に出る小笠原。対するサウスポーの波賀は左のローやミドルで応戦。コーナーに詰めた小笠原の右ストレートが波賀を捕らえダウンを奪う。

2R、今度は波賀が左ローやミドルでプレッシャーをかける。蹴りをキャッチし、パンチにつなぐ小笠原。蹴りでロープ際に追い込み、首相撲へとつなぐ波賀。的確に膝を当てていく。

3R、今度は小笠原がパンチの連打で攻める。パンチで前に出る小笠原に対し、波賀は組んでからの膝、左ミドルを返し前に出てプラッシャーをかける。

4R、パンチで前に出る小笠原に対し、左ミドルから首へと攻める波賀。小笠原が後ろを向いてしまう場面も。小笠原の肘の攻撃により波賀がカット。前に出る波賀に対し、肘を当てる小笠原。2度目のドクターチェックの後、レフェリーが試合を止め

小笠原選手のTKO勝ち。

(C)Nob Yasumura


WBCムエタイ日本統一バンタム級タイトルマッチ
3分5R
鈴木真彦
(WBCムエタイ日本統一バンタム級王者)
vs 大田拓真
(WBCムエタイ日本1位)
×
判定3-0 ※49-47、49-48、49-48
※鈴木が初防衛に成功

1R、パンチからローで前に出る鈴木。左ミドルで止める大田。鈴木がパンチでコーナーに追い込みと、パンチの連打から左ボディー、更に上のパンチとパンチのラッシュ。コーナーに詰められながらも左ミドルでパンチを止める大田。

2R、鈴木はパンチで大田をコーナーに追い込むが、しっかりブロックしながら左ミドルで阻止する大田。近づいてからの首相撲から膝の攻撃で鈴木のパンチを止めるが、対する鈴木も大田をコーナーに追い込みパンチの連打。

3R、鈴木がボディーを打つと、大田が左ミドルを蹴るといった攻防が続く。終盤、踏み込んでからの肘が大田の目の上をカット。傷は浅く試合続行。

4R、左ミドルから首相撲に持ち込む大田。パンチで応戦する鈴木。

5R、パンチ対蹴りの攻防が続き中、終盤には鈴木がコーナーに詰め、パンチの連打で試合終了。

判定3-0で鈴木が勝利し、初防衛に成功。

(C)Nob Yasumura


2017年06月18日(日)後楽園ホール

WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級タイトルマッチ
3分5R
MOMOTARO
(WBCムエタイ日本統一フェザー級王者/挑戦者)
vs カルロス・セブン・ムエタイ
(スペイン/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
×
KO 2R2分4秒 ※左ストレート
※MOMOTAROが新王者に

1R、序盤から得意のステップから巧みな蹴りで攻めるMOMOTARO。カルロスもるリーチを活かしたミドルを返す。MOMOTAROの動きを止めようと首相撲から膝、肘へと攻撃をかけるカルロス。

2Rも多才な蹴りで相手を近づけ無いMOMOTARO。MOMOTAROの動きを封じ込める様に首相撲に持ち込むカルロス。首から膝、離れ際をMOMOTAROの左ストレートがカルロスを捕らえ、失神KO。

MOMOTAROがWBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級新王者に

撮影:鈴木雄一郎


WBCムエタイ日本統一ウェルター級タイトルマッチ
3分5R
健太
(WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
vs 浅瀬石真司
(挑戦者)
×
TKO 4R1分54秒 ※レフェリーストップ
※健太が初防衛に成功

1R、序盤ローからパンチでプレッシャーをかける浅瀬石。健太もローを返しながらパパンチへつなぐ。2Rになると、ローからパンチで前に出る健太。パンチから肘で浅瀬石を下がらせる。

3R、パンチの連打で仕掛けた健太。パンチからのヒザ蹴りでダウンを奪う。更に前に出でパンチからのヒジ打ちの連打で浅瀬石は2度目のダウン。

4R、浅瀬石の顔面から流血、ドクターチェックが入る。再開後も、健太はヒジの連打で追い込むと、レフェリーが試合をストップし、健太のTKO勝ちにより初防衛に成功。

撮影:鈴木雄一郎


2017年01月22日(日)東京・ディファ有明ホール

WBCムエタイ日本フライ級王座決定戦
3分5R
岩浪悠弥 vs ローズ達也 ×
判定3-0 (50-46 / 50-47 / 50-46)
※岩浪悠弥が新王座に就く。

1Rはお互い様子見であったが、2Rになると、岩波がロー、ミドルと右の蹴りを開始。サウスポーのローズの左ミドルやパンチで応戦するが、3R次第に岩波のローが効いてくる。4R,岩波の肘でローズの左まぶたより出血。その後も組んでからの肘で攻撃する岩波。先が無いと思ったローズは5R前に出て攻撃するが、岩波の首相撲に持ち込まれる。 岩波が大差で勝利し、新王者となった。

ページトップ